国道沿いで耳栓を試してみた(車の騒音対策)」(第35号)

■こんばんは。「耳栓ブログ|ae The Blog」を運営している高祖です。

今日から、一週間の始まりですね。
頑張っていきましょう!

本日で、私の娘は、1才1カ月、
私もあと数日で42才になってしまいます。

なんとか、この月日の過ぎかたを
止めることができたら…と思うのですが
…無理ですね!
当たり前ですけでど・・・

■それでは、本日は、

先日、私が取り扱っている耳栓 MusicSafe Proを
国道沿いで試してみたので、
その時の体験をできるだけ具体的に
お話させていただこうを思います。

「国道沿いで耳栓を試してみた(車の騒音対策)」
についてです・・・

■まず、試した耳栓は、

こちら・・・・MusicSafe Proです。
詳しくは・・・

ご存知の方も、すでに多いかもしれませんが
こちらは、ライブ用の耳栓です。

ライブ、音楽イベント、コンサート、ロックフェスとか
音楽のイベントにいって、音楽を聞くとき、
音が大きすぎるので、耳栓を使って、少し和らげて聞きましょう!
という製品です。

ちなみに、先日、音楽イベントで試した時の体験については、
こちらです・・

■このライブ用の「耳栓」ですが、

安眠用としても、結構使えると思いますので
オススメです。

本日は、安眠しようとするとき
「・・・家が国道沿線で・・・車の音がうるさくて・・」
ということで、困られている人も多いと思いますので

このライブ用耳栓MusicSafe Proを使って、
実際に、国道沿い(国道2号線です・・)に行き、
耳栓をつけたり外したりして、音のどのようなところが変わるか
試してみた時の話をさせていただきます。

■実際には、私の娘を抱っこして

国道沿いの細い道を、うろうろして散歩してきた感じです。

ポイントとしては、
高速道路とかについている防音壁があるところと、
防音壁がなくて、地域的に言うと(・田舎なんですけど)、
かなり交通量が多い交差点で試した点です。

■それでは、防音壁があるところで試した感じですが・・・

実際、防音壁があると、防音壁自体で
かなり音が抑えられているんだなぁということを
改めて実感しました
(もちろん、ある程度は
聞こえてきますが・・・)。

耳栓を試した感じですが、
こちらは、どちらかというと低い
ブロロロロ・・という音に
効き目が感じられます。

■ちなみに、今は秋なので

田んぼのほうから、虫の音が聞こえて来てましたが
このMusicSafe Proの場合
虫の音は、歪むことなく
クリアに聞こえてきます。

たまに、虫の音も大きく響きすぎて
耳がしんどい時がありますが
この耳栓をしていると
楽にかんじます。

音は和らいでいるけど、
クリアに聞こえる感じです。

■それでは、交差点で試した感じですが

やはり、こちらのほうが
先ほどの防音壁のところより
ハッキリと効果が分かります。

一番に気がつく点で言うと
車が通過するときに起こる
あの独特な「ごぉー」というか「しゃー」という
おそらく、道路の路面にタイヤがあたるときに
起こる音だと思いますが・・

車に乗ってって、路面のよいところに行くと
音が静かになったりすることに
気が付いている人も中には、多くいると思いますが

あの音・・・・・あの音が、MusicSafe Proをつけると
かなり下がる感じがします。

■国道沿いにお住まいの方だと

おそらく、車が通り過ぎるたびに
この「ごぉー」とか「しゃー」とかいう音を
聞かされていると思いますが、
このような音が抑えられる形となります。

結構、楽になると思います。
(もちろん、度合いにもよりますが・・・)

■先ほど、防音壁があるところでの話をしていた

ブロロロというエンジン音のような音は
こちら(防音壁がないところ)でも
抑えられている感じします。

全体的にいうと、音が軽くなって
圧迫感がない感じ
でも、虫の音は聞こえるみたいな・・
不思議な感じです。

ライブ用と思ってMusicSafe Proを購入された方も、
一度、試してみるとよいかもしれません。

■本日は、「国道沿いで耳栓を試してみた(車の騒音対策)」

についてお話をしてきました。

もっと、ボキャブラリーと芸術的な表現力があればいいのですが・・・
乏しい表現ですみません。

それでも、数字を並べただけで、こんな感じと伝えるよりかは
わかりやすいのかなぁと思います。

もちろん、研究や開発するときは、
しっかり測定値とか見ますけど・・

■それでは、本日は
この辺で・・・・

今日は近くの直売所で
「安芸クイーン」というブドウを買いました。
おいしい品種なので、これもオススメです!
(販売はしていませんが・・・)

それでは、また次回に!


高速バスでの最適耳栓とは・・・(第30号)

■おはようございます。「耳栓ブログ|ae The Blog」を運営している高祖です。

昨日、Yahooニュースを読んでいると
「Facebookのユーザーが10億人に」と書いてありました。
ご存知の方も、多いかもしれませんが
Facebookは2004年に学生向けのSNSとしてスタートし
急成長しています。

「人が待ち望んでいたことを
しっかりととらえて問題解決をしたから急成長した」
ということなのでしょうか?
とにかく、すごい!の一言です!

■私は、「耳栓」の分野となりますが

すこしでも多くの人が待ち望んでいた機能を持った製品、サービスを
提供できるよう努力してまいりますので
今後ともよろしくお願いいたします!

■さて、本日は下記のような質問を

インターネット上で見かけました。
質問内容は、下記の通りです・・・

「夜行の高速バスに初めて乗ります。持ち物は何が必要でしょうか。
自分なりに調べた所アイマスク・耳栓・ネックピロー・飲み物
など出てきましたが、他に持っていると便利!といったものはありますか?

自分は、暇つぶしにニンテンドーDSとイヤホンも
持っていこうかなと思うのですが・・・。
ゲームは暗くて出来ないでしょうか?
補足安眠の為のコツ等、お教えいただければと思います。」

■高速バスについては・・・

私もかなり利用させていただきました。
一番長い距離で、「福岡~新宿」だった記憶があります。
確か、10年ほど前の2月ごろだったと思いますが
暖房のせいもあり、車内が乾燥していて、苦労した覚えがあります。
鼻がつまって、息が・・・・

■それでは、質問に対する回答ですが・・・

やっぱり「耳栓」は、オススメです!
耳栓は、「耳が悪くなる」から守るだけでなく
大きな音に、長時間さらされていることによる「疲れ、ストレス」
からも守ってくれると思います。

■実際に、以前お話したことがある、WHO(世界保健機構)が出している

ガイドラインでも、そのようなことが明記されています。
WHOガイドラインについての記事はこちら・・記事①

■意外と気づかれていませんが、高速バスに長時間乗っているときに気になるのが

「トイレ休憩」を逃さないこと・・(トイレがついているバスは問題ありませんが・・)
一度逃してしまうと、次まで結構時間があいてしまいます。

なので、耳栓をつけて寝ていても、
「トイレ休憩」を知らせてくれる声とかは、しっかりと聴き取りたいですよね。

■また、さらに知られていないことは・・・

高速バスで眠ろうとするときに必要なのは
実は、音が「無音の状態」になるというより
「気になってしまう音が、気にならない程度に下がる」
ということ・・・

■人によっては、「無音」に近い状態になりすぎると

逆に、自分自身の耳鳴りの音が目立ってきてしまい眠れないなど、
ある場合があります。

■まとめると・・・・

高速バスに乗っているときに疲れなく、ストレスなく眠ったり、くつろぐためには
次の2点をおさえた「耳栓」がオススメとなります。

①バスのエンジン音、走行中タイヤから伝わってくる音が
気にならない程度に下がる。

②必要な音(人の声、耳鳴りにならない程度の外部の音)は聞こえる。

■こののような点からいうと

現在、当サイトで取り扱っているMusicSafe Proが
オススメです。着け心地もいいですよ!

商品に興味のある方はこちらへ
MusicSafe Proの詳細

■本日は、「高速バスでの最適耳栓とは・・・」

についてお話をしてきました。

いろいろとお話してきましたが
最後に・・・・

それぞれの方にとって、最適!というものは
使用状況(音の状況、長時間・繰り返し装用?)と
どれくらいの予算で検討されているかによります。
人によっては、100円ショップで購入できる耳栓
のほうがよいということも実際あります。

ご自身の状況に合わせて、ものを選ぶ
それが、一番よい!オススメの選び方です。

■それでは、

これからも、新しい情報、気づいたことなど
発信できていけたらと思います!

それでは、次回まで・・・


飛行機内便利グッズ・・・ポシェット、耳栓(第29号)

■おはようございます。「耳栓ブログ|ae The Blog」を運営している高祖です。

もう10月ですね・・・・あっという間です。
私は、4月末に、岡山に引っ越してきたのですが
もう5か月以上たっているんですね・・

今月は私の誕生日月でもあり
ちょっと微妙な気持ちです。
私くらいの年齢になると
誕生日があまりうれしくなくなったり・・・

■本日は、下記のような質問をインターネット上で

見かけましたので、(勝手に)回答させていただきます。
質問内容は、下記の通りです・・・

「海外旅行で8・9時間ほど飛行機にのります。
その際、リラックスできる服装(ある程度きれいめで)があれば教えてください。
できれば具体的なブランド名も。また、おススメの機内便利グッズも教えて欲しいです。」

■質問内容前半については・・・

正直答えるのが、難しいかもしれませんが
「オススメの機内便利グッズ」には、答えられます!
以前、会社勤めだったときに
よく、飛行機で海外に出張などいかされたものでしたが
その時、重宝していたのが
「ポシェット」と「耳栓」でした。

■「ポシェット」は、かなり便利がよく、

トイレに立つときに持ち出す重要なもの(財布、鍵・・)
出入国審査の時の書類作成に必要なもの(ボールペン、パスポート・・)
それから、コンタクト用目薬、メガネなど重要なものを入れておくと、
いつでも席を立つことができ、また常に身につけておくことができ安心です。

■あとは、やっぱり「耳栓」

出張によくいっていたころ(3、4年前)は
まだ、私の現在取り扱っているMusicSafe Pro、FlyFitのことを
知らなかったので、スポンジ耳栓を使用していました。
スポンジ耳栓でも、飛行機内に聞こえてくるエンジン音、
飛行機が風を切る音など、結構遮断できていたので
飛行機内での疲れがかなり軽減できていた記憶があります。

■ただ、その頃の記憶でいくと、次の2点が問題だった覚えがあります。

1つ目は、耳穴が疲れてしまうこと・・・
アメリカへの出張が多かったこともあり
飛行機のフライトは、8時間以上
その間中、スポンジ耳栓をつけていると
あの独特の膨れてくる圧力で
耳穴がずっとこじ開けられてるような状態となり、
到着間近ごろになると、何とも言えない疲労感が・・・

■2つ目の問題は、耳穴が汗でじっとりとしてしまうということ・・

通気がよくないため、だんだん耳の中も熱くなってきて
実際に、耳穴にスポンジ耳栓が触れている箇所は
じっとりと汗が・・・・
そのような記憶があります
(最近、飛行機に乗っていないので
記憶の話で、すみません)。

■上記のような「耳栓」についての問題であれば

現在取り扱っているMusicSafe Pro、FlyFitであれば
解決してくれたかもしれません。

商品に興味のある方はこちらへどうぞ・・
MusicSafe Proの詳細
FlyFitの詳細

■本日は、「おススメの機内便利グッズ」

についてお話をしてきました。
もっと、いろいろな生活の場面で
私のオススメしている耳栓を試してみますので
オススメの使い方発見したら、
またお伝えします。

■逆に、MusicSafe Pro、FlyFitを使用された方で

こんな使い方してみると、
意外と効果あったなどあれば
是非、情報をこちらまでお寄せください。

それでは、次回まで・・・


バス、トラック+「耳栓」の気づき(第28号)

■おはようございます。
耳栓ブログ|ae The Blog」を運営している高祖です。

岡山では、最近、朝はめっきり寒くなってきた感じがしますけど
みなさんの地方では、どうですか?

■ 昨日は、嫁と1歳に最近なった娘とで、高速に乗って

岡山にある山一農園という直売所行って来ました。
先日、岡山県工業技術センターの方から
「清水白桃」を買うなら
ここがいいよと勧められたところです。

■今では、「清水白桃」の時期は
終わってしまってますが
他にも色々と有りそうなので
いってみました。

「マスカット・オブ・アレキサンドリア」700円と
なかなかお得な買い物ができました!
結構、高価な品種なので・・・ラッキーです。

■農園からの帰りに

吉備SAに立ち寄って倉敷へ・・・
そこで・・吉備SAで、耳栓に関しての「気づき」が!

私は、いつも私のネット・ショップで
取り扱いしている耳栓を常備して
試してみたいと思える音の環境で
すぐに試して見たりしてますが
(例、大きな音がする場所、ザワザワするところなど)

早速、吉備SAで試してみました・・・

■結構、バス、トラックが・・とまっていて。

停車している時も
結構音が・・・ブロロロロ・・・と聞こえてきます。

■以前、実家の福岡へ深夜に高速を飛ばして帰った時、

立ち寄ったサービスエリアでは
駐車場にバス、トラックが、いっぱいいっぱいにとまっていて
びっくりさせられたものでしたが・・
それに比べると、それほどとまっていないとはいえ、
数台のバス、トラックがとまってました。

このような感じです。

耳栓ブログ|吉備サービスエリア バス、トラックでの耳栓使用

■停車していても、エンジンがかかっているということは

仮眠でもしているのでしょうか?

試した耳栓は「MusicSafe Pro」
プラグが3種類あるので
差し替えながら試してみます・・・

■耳栓をつけてみた感じで言うと

低いエンジン音が抑えられ
人の声とかは割合すんなりと聞こえてきます。

向こうから、嫁が私を呼んでも・・
ちゃんと聞こえてきました。

自分で商品として、選んでおきながら
いまさらですが
なかなか良い出来栄えです。

■プラグを差し替えてみました・・

周りの音の抑えられ方が確かに変わります。
・・・でも、これは、聞こえてくる音
例えば、バスやトラックのメーカー、車種ごとのエンジン音によって
感覚的に、どの程度抑えられてるかが
違ってくる可能性がありそうです・・
十把一からげには、難しい感じがします。

■ただ、ゴールド色のプラグを使うと、

より低い音が特に抑えられる
といった傾向はあるようです。
確かに、結構、エンジン音に対しての
性能はなかなかの物のようです。

■また、考え方を変えてみると

異なるエンジン音に対して
プラグをを差し替えながら、
周囲の音の抑えられ方を確認して、
最適なプラグを選ぶことができることが
この耳栓の「強み」かもしれません!

とても便利です!

■私自身が、今までに

いろいろな耳栓を目にして
使って見たりしてきた中で
このように、周囲の音の抑えられ方を
調整できるという製品は
見かけたものがありませんでした。
この製品に出会うまでは・・

■本当に、微妙な音の抑えられ方の調整

を行わないといけないところ・・例えば
バス、トラックの車種、大きさによる違いがある場合
旅行の時などに、どのようなバスに乗ることになるかわからない場合
(バス乗り場にいって、はじめてエンジンの音がわかる)
といったような状況で
一番あったプラグを選択できるということは、
なかなか柔軟性があると思います。

もし、商品にご興味があればこちら・・・

■また後日、バス、トラックの音の分析結果を

記事にします・・・・すいません・・いつになるかわかりませんが(笑)

昨日は、娘の大暴れ、奇声も発することなく
おとなしくしてくれていたので
ラクな外出でした。

奇声のときも、耳栓いいかも・・・

■本日は、

「バス、トラック+「耳栓」の気づき」についてお話をしました。
これからも、耳栓の新たな使用方法等
こんな風に使えるかも・・・など「気づき」があれば
また、お伝えします。

それでは、次回まで!


WHOでの騒音のガイドライン値④(病室・安眠編)(第15号)

■「耳栓ブログ|ae The Blog」の高祖です。こんばんは!

先日から、実際に生活に影響が出ると

考えている騒音とはどのようなものか考えて、
WHO(世界保健機関)での騒音のガイドライン値
について、お話を始めました。

前回は、特に、ベットルームでの安眠に関して
お話をし、具体的な対策として
ベットルームの配置などについて考えました。

■本日は

WHOでの騒音のガイドライン値のうち
「病室」での状況について
お話をしていこうと思います。

■まず、WHOでの騒音のガイドライン値の表を

繰り返しにはなりますが
載せておきます。

耳栓ブログ|WHOガイドライン

きょうは、この表のうち、
赤い印のところについて
お話していきます。

赤い印の箇所抜粋の
日本語訳の表はこちら

耳栓ブログ|WHOガイドライン3

■英語の表に「Hospitals, Ward rooms, Indoors」とありますが

その中でも「Ward rooms」はYahoo Japan辞書によると
「[名] 1 (軍艦で)士官室;士官用食堂兼談話室. 2 ((集合的))士官室士官」
とあります。

???ですよね。
なので、もうちょっと調べてみると

The Free Dictionary by Farlexという英語の辞書サイトに
納得がいく説明がいく説明がありました。

■それにによると

「hospital ward – block forming a division of a hospital (or a suite of rooms) shared by patients who need a similar kind of care・・・」

・・・同じようなケアが必要な複数人の患者によってシェアされている病院の1区画・・

つまり、「hospital ward」は「病棟」のようです。
ですので、「Ward room」となると、「病室」になりそうです。

■したがって、日本語の表には

「Hospitals, Ward rooms, Indoors」を
「病院、病室、屋内」として載せています。

■その「病院、病室、屋内」では

「昼間と夕方」、「夜間」で別に2つのガイドラインの値が設定されていて

昼間と夕方の16時間は、
平均として30デシベル以内

夜では就寝時間の8時間は、平均値30デシベル以内に加えて
突発的な音 LAmax,fast 40デシベル以内ということになっています。

■ここでも、「安眠」を取るときは、

ただ単に周りの騒音の大きさが小さいだけでなく、
突発的に起きる音の大きさのピークの大きさも
それなりに小さくなければいけないことが分かります。

■次に、「Hospitals, Treatment rooms, Indoors」

とありますが、こちらのうち「Treatment rooms」は
「治療室」と訳せます。

したがって、日本語の表には
「Hospitals, Treatment rooms, Indoors」のことを
「病院、治療室、屋内」として載せています。

■それでは、「病院、治療室、屋内」

でのガイドライン値の話になりますが・・・
こちらでは、注釈がうたれており
「As low as possible」
「できるだけ低く」と書かれています。

■「できるだけ低く」と言われても・・・

とお思いの方も多いかと思いますが
私もそう思います。

なんらかのガイドラインとなる数値など
示してもらえると
環境改善につながりやすくなると思いますので
何かはやく公表できるデータを示して欲しいところです。

■ただ、この件に関しての調査は

最近しきりに行われているようです。
私も最近まであまり知らなかったのですが・・・

その多くの調査は、Intensive Care Unit(ICU;集中治療室)での
患者の睡眠の質、患者の症状回復などが
看護師の往来などによる音、医療用装置の騒音、アラーム音などによる
音の問題によって
あまり良い状態でないと問題を投げかけるものです。

■もちろん、ICUで「できるだけ静か」であれば

患者は、しっかりと眠れ、回復も早くなるかもしれません。
ただ、看護師の往来、医療用装置、アラーム音の利用もなければ
患者の安全を確保することも難しくなります。

■ですので、今後も音の問題の詳細について

調査を進めていくことと、
それに対してできる対策を慎重に考えていかないといけません。
上記のICUでの音の問題については
おいおいお話していきます。

■本日は

WHOでの騒音のガイドライン値のうち
「病院」での状況について
お話をしてきました。

■先程申し上げた

ICUでの「音の問題」については
私も最近になるまで、
気が付きもしませんでした。

以前、私自身も入院していたことがありますが(20年まえくらいかな・・・)
手術後は、ずっと眠っている状態(麻酔?疲れ?)
だったので、あまり記憶もないくらいです。

■しかし実際に、「命の危険」を伴って、

ICUにはいらっしゃる患者も多くいると思いますし、
その音問題、解決していかなければならない問題
と言えると思います。

私も、なにか貢献できることがあれば
行なっていくつもりです。

■ご存知かもしれませんが

耳栓ブログ|ae The Blog」では・・・
睡眠時にも、おすすめの耳栓MusicSafe Proを
取り扱っていますので
ご興味がある方は、ぜひ、
こちらの商品詳細をご覧になって下さい。

この商品の特徴は
つけ心地の柔らかさがあげられます。

また、プラグの差し替えで音の遮蔽も調整できます
だから、安眠用耳栓としてピッタリです。

■それでは、次回もまたよろしくお願いいたします!
本日はありがとうございました。

耳栓ブログ|ae The Blog」では

こちらから情報を発信していくだけでなく、
みなさんの周りでの「防音」、「騒音対策」
などについて情報も取り上げて、みんなでいろいろと考えていき
共有させていただきたいと考えています。

何かコメントなどあれば、お気軽に
info@sounds-lab.comまでお問い合わせください。
それでは、次回まで!