ミュージシャンと耳の問題   (第3号)

■こんにちは!「耳栓ブログ|ae The Blog」の高祖です。

ae The Blogでは、身近な話題から、
防音、騒音の対策を考えるというコンセプトにそって
提供させていただいています。

昨日、一昨日と続けて、
ミュージシャンと聴覚障害」、
ミュージシャンと耳鳴り」と
ミュージシャンに関する耳の問題について
取り上げてきました。

また、多くのミュージシャンが耳の不調を訴えているという事実
を知りました。

■そこで、耳鼻科の先生方で、

ミュージシャンと聴覚障害、耳鳴り、難聴といったトピックで
取り上げている人がいらっしゃらないか調べてみました。
すると、何人か耳鼻科の先生がご自身のホームページで
そのようなトピックを紹介していることが分かりました。

■いくつか「ミュージシャンと聴覚障害、耳鳴り、難聴」などを取り上げているサイトを紹介すると

みやはら耳鼻咽喉科
笠井耳鼻咽喉科クリニック自由が丘診療室

こちらのサイトでも紹介されています。

■上記のサイトでの書き込みを読んでみると

どれも深刻なことが書いているようです。
特に目につくキーワードとしては、以下のようなものがあります。

急性音響性難聴
音響外傷

■「急性音響性難聴」と「音響外傷」は

同義として使われているようで、
National Institutes of Health(アメリカの国立衛生研究所)の説明によると
音響外傷のことをAcoustic Traumaと呼んでいます。
英語ですが興味のある方はこちらを・・

その定義としては「非常に大きな騒音による、
内耳の聴覚メカニズムに対しての外傷」
としています。

ちなみに、内耳は、耳のもっとも奥にある構造であり、
その中にある蝸牛で、音の振動を神経(蝸牛神経)に伝えるための仕組みがあります。

耳栓ブログ|ヒトの耳(紫色の部分が内耳)
「wikipedia:ファイル:Ear-anatomy.pngより」

■ひきつづきNational Institutes of Healthによる説明ですが・・

原因としては

  1. 耳の近くでの爆発音(An explosion near the ear)
  2. 銃声(Gunshots)
  3. 大きな音に長時間さらされる(例、音楽、機械装置)(Long-term exposure to loud noises such as loud music or machinery)

をあげています。

■症状としては、

  1. 難聴(多くの場合、部分的に、高い音の音域で;さらに悪化する可能性あり)
  2. 耳鳴り(耳のなかで雑音、音が鳴っているのが聞こえる)

だそうです。

■それでは、大切な対処方法ですが、以下のように書かれています。

  1. 聴覚障害の場合、処置ができない可能性がある。その場合、目指すべき対処は、耳をさらなるダメージから守ることである。鼓膜の治療が必要な場合もある。
  2. 補聴器を使用することで、コミュニケーションの助けにはなる。
  3. 会話の際に、人の口の動きを見て、言っていることを理解できるようになることはできる。

■National Institutes of Healthがおすすめする予防方法ですが、

  1. Wear protective ear plugs or earmuffs to protect against damage from loud equipment.
  2. Be aware of risks connected with activities such as shooting guns, using chain saws, or driving motorcycles or snowmobiles.
  3. Do not listen to loud music for long periods of time.

と書かれています。

翻訳すると・・・

  1. 大きな音の出る装置からの耳のダメージを守るため、耳栓、イヤマフをつける
  2. 銃声、チェイン・ソー(電動ノコ)、バイクやスノー・モービルなど耳にリスクがありそうな活動をする際に気をつける
  3. 大きな音を長時間聞かない

とあります。

■先日もお話しましたが、私も若いころは、友人と連れ立って

バンドのライブの最前列で盛り上がってましたが
やっぱり、耳は守らないといけなかったようです。
そのときは、その時なりに
ティッシュとかを耳に詰めたりしてましたが・・・

■これから、夏に向け、ロックフェス、ライブ、コンサートと

楽しいイベントが目白押しとなります。
いろいろと参加されることを考えている方も多いのではないでしょうか。

是非、大切な耳に気をつけて、音楽イベントを満喫しましょう!
私は・・・・・今年は、現在8か月の娘がいるので、無理かも・・・・
別の意味で(耳もとでの奇声、突然のおたけびなど)、
耳に気をつけないといけない感じですが・・

残念。

■「ae The Blog」では、
ライブの時に、ピッタリの耳栓 MusicSafe Proを取り扱っています。
少し紹介させていただくと・・・

MusicSafe Proは・・・
聞こえてほしい音が聞こえるところが普通の耳栓と違います!
つけ心地の柔らかさも長時間のライブ向け
だから、ライブ用耳栓としてピッタリです。

ヨーロッパ、アメリカで人気の耳栓です!
日本初上陸の製品です。

耳栓の詳細をお知りになりたい方はこちらへどうぞ。

■本日は、「急性音響性難聴」と「音響外傷」

ということを中心にお話ししてきました。

このようなトピックに関して、耳鼻科の先生方も、
多く取り上げているというお話もしました。

すでに、耳の調子が気になるという方は
一度、耳鼻科の先生に見ていただくことをおすすめします。
(ちなみに、取り上げた耳鼻科の先生方と、私自身は
特に、なにも関係性もなく、面識もございません・・・
勝手にインターネット検索で見つけたものになりますので
ご了承ください)。

それでは、次回も「防音」、「騒音対策」と
考えて私の気になる話題をお届けします。

それでは、本日はありがとうございました。

■「耳栓ブログ|ae The Blog」では

こちらから情報を発信していくだけでなく、
みなさんの周りでの「防音」、「騒音対策」
などについて情報も取り上げて、みんなでいろいろと考えていき
共有させていただきたいと考えています。

何かコメントなどあれば、お気軽に
info@sounds-lab.comまでお問い合わせください。
それでは、次回まで!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です