音楽好きな人であればある程(ライブ時の耳栓有効性)・・・(第49号)

 

音楽好きな人であればある程
(ライブ時の耳栓有効性)

■おはようございます。

耳栓ブログ|ae The Blog」を運営している高祖です。

先日、商品をご購入いただいた方から
お問い合わせのメールをいただきました。
その文面を、読みながら「気づき」がありました。

「音楽好きな人(音にこだわりがある人)であればある程、
音にさらされる機会が多く、
耳にとって危険な状況も多くなる・・・」

ということです。

■このお客様の場合、

ライブに行ったあとから、耳の調子があまりよくなく
でも、早めに病院などにかかられて、回復したそうです。
音楽が好きだから、ライブに行きたい
ただ、再発が気になるということで、
商品を購入されたようです。

■私も音に関する開発エンジニアとして
色々な音をよく機会がありますが

特に、前職である補聴器メーカーにいた時は
補聴器自体、小さな音を大きな音にする機械ですので
不用意に、製品のスイッチを入れて、
耳に大きすぎる音が入ってしまい、耳が痛くなる・・・
ということも多くありました。

■「音楽好きな人(音にこだわりがある人)あればある程、

音にさらされる機会が多く、
耳にとって危険な状況も多くなる・・・」

実感しています。

本当に大好きな音楽・・ずっと楽しめるように
耳をお大事にされてください。

下記のサイトは参考になるかもしれないのでご覧になられてください。
http://kenko100.jp/kenko/2011/09/01/2011090145

■ライブの時に耳の状態がどうしても気になる・・・
という方は

当店で扱っている商品 MusicSafe Proライブ用耳栓
念のために、完全に遮音できる100円ショップのスポンジ耳栓の両方を
ライブにご持参いただいて、
状況を見ながら使われると安心かもしれません。

ライブの音は、ライブ用耳栓MusicSafe Proのほうが

よく聞こえるかもしれませんが
耳を守るうえでは、完全に遮音するような耳栓のほうが
よいかもしれません(音楽はあまり聞こえないかもしれませんが・・・)

本当にスピーカーの位置、音楽の種類、曲によっても
かなり状況が変わってくることが予測できます。

■本日は、

「音楽好きな人(音にこだわりがある人)であればある程、
音にさらされる機会が多く、
耳にとって危険な状況も多くなる・・・」
について書きました。

それでは、次回まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です